スポンサーリンク
洋食

名古屋駅から徒歩1分、大名古屋ビルヂング1Fのソロピッツァナポレターナでビールと赤ワインでイタリアンランチのパーティーメニューを楽しんできた。

目安時間 8分

今日のランチは、ランチ仲間?と名古屋駅で待ち合わせてちょっとした食事会を楽しんできた。行ってきたのは、名古屋駅前の大名古屋ビルヂング1Fにあるなかなか洒落たイタリアはナポリの大衆食ナポリピッツァが楽しめるソロピッツァナポレターナだ。

 

 

大名古屋ビルヂングの1Fでナポリピッツァ世界チャンピオン牧島昭成の店ということもありピカピカの洒落た雰囲気なため、この手の店はしがないアラフィフ手前のリーマンオヤジには精神的には少々敷居が高く行く機会は滅多にないので、ここぞとばかりに少々おめかしして行く前からほんの少しばかりワクワクしていた。

 

 

 

お店は、大名古屋ビルヂング1Fではあるが、さすがに正面玄関ではなく裏側だったが、ビルの裏庭と一体化してるような雰囲気が素晴らしく外観からの雰囲気はイタリアなのかヨーロッパなのかアメリカなのか行ったことないので正直分からないが洋風なイカシた雰囲気だった。

 

 

昨年行ったの3Fにある炭火焼き鳥のレアルもそうだが、最近の店はとにかく洒落ていて感心する。

 

スポンサーリンク

名駅前で雰囲気抜群お手頃価格で本格ナポリピザ(ピッツァ)のプチパーティーが楽しめる。5~6名の昼からのチョイ飲みには丁度良いかも。

お店の予約は、11時30分ということで、若干早めであるが、10分ほど前に到着して少しばかり景観を楽しみ、仲間と合流。本日は、5名でのランチ会ということで予約も必要になることもから3,000円の2ドリンク付きのパーティーメニュー7品をみんなで楽しむことになった。

 

 

案内された予約席は、一番奥の釜の裏側だったので、ナポリの薪窯焼を正面から拝見できなかったのが残念であるが、全般的に小奇麗で女子会やカップルには最高の雰囲気ではないだろうか。あー、楽しそうだわ。

 

(薪窯さんの後ろ姿。)

 

座席に座りしばし近況報告やら歓談後、ランチパーティーの始まりだ。で、今日のパーティーメニューは、こんな感じ。

 

・イタリア産ハムの盛り合わせ
・グリーンサラダ
・本日の揚げ物
・世界一のマルゲリータ エクストラ
・本日の気まぐれピッツァ
・鶏の薪窯焼き
・本日のドルチェ

 

これに、ドリンクが2杯分ついていおり、まずは、ドリンクの注文から。

 

 

仕事を中抜け中なので、この後が大変になりそうだ…。と思いながらも我慢できず、とりあえずビールを注文。あぁー、ホント心が弱いなぁー。

 

スポンサーリンク

ナポリの薪窯焼のピッツァとチキンはナポリピッツァ世界チャンピオン牧島昭成氏のお店だけあり最高の焼き上がりだった。

ビールを飲みながら談笑しているとまず出てきたのがイタリア産ハムの盛り合わせとグリーンサラダ。

 

正直、もう少し小さいかと思っていたが、思った以上に大皿でドドーンと生ハムが出てきてビックリ。ビールを飲みながらパルマ産生ハム、プロシュットコット、ミラノサラミとそれぞれ種類の違う3種のイタリアハムとサラダを食べた。

 

 

 

パルマ産のハムは当然長期熟成だろうスモーキーな香りととろける旨味に舌鼓し、プロシュットコットはボンレスハムであっさりと癖もなく食べやすくサラダとの相性が抜群。ミラノサラミは、口の中で脂分とひき肉が口溶けよく適度に混ざり合いサラミの風味を楽しめた。

 

 

で、スタートしたばかりのこの時点で、仕事のことなんざ、スッカリ忘れてちゃって、2杯目は絶対に赤ワインと固く心に決めたのだった…。もはや、聖帝サウザーの退かぬ!媚びぬ!!省みぬ!!!の心境だな。

 

生ハム野菜の前菜を食べ終えたところで本日の揚げ物パスタフリット。コロッケかと思いきや、ボロネーゼの中身にチーズ入りのライスボール。

 

 

 

次に出てきたのが、世界一のマルゲリータエクストラこのピッツァがソロピッツァナポレターナ自慢のピッツァで、水牛モッツァレラを使用したマルゲリータで2010年ナポリピッツァ職人選手権S.T.G部門優勝ピッツァである。

 

 

ピッツァの生地は当然と言えば、当然であるが、ナポリ風で、ボリュームのある盛り上がった耳にモチモチの食感が特徴。水牛のモッツァレラ=モッツァレラ・ブッファラは、弾力があり癖もなくピッツァ生地のモチモチとあわせてダブルでモチモチビヨーン感(笑)を楽しむことができた。(それにしても、なんちゅー語彙力のなさ…。いいオッサンが情けないわぁ~。(汗))

 

 

そして、お次は、こちらの本日の気まぐれピッツァ。生地は同じくナポリ風で具材はソーセージ?と高菜だろうか?和風っぽい塩見の効いたピッツァでアンチョビの塩見を高菜で出した感じだろか。もちろん魚介と野菜なので根底には違いがあるが、なかなか高菜の塩味が効いた和風テイストな素朴な風味を感じた。

 

 

2種類のピッツァを食べた後、出てきたのが、おそらくメインであろう香ばしい鶏の薪窯焼き。おいしそうにこんがりと焼きあがっている。一羽丸焼きにもかかわらず、窯焼きで遠赤焙煎だからなのか中身までシッカリと火が通っておりで、各部位ごとに味の違いを楽しむことができた。

 

 

 

最後は、本日のドルチェ。自家製のヴァニッリャ(バニラ)風味のジェラード。若干、甘みが強めでコーヒーが飲みたい気持ちになったが、口溶けもよく甘党につきモーマンタイ。シメにはもも少し食べたい余韻も残り大満足だった。

 

 

(カップを確認したところ自社工場生産のようだ。)

 

ってな感じで、久しぶりにみんなでワイワイと楽しいランチタイムを楽しむことができた。ランチって、いつも一人か二人ですることが多いから、時には、少し多めの人数で食事を共有するのは人生にとってとても有意義なことだとジジイになってから再認識する良い機会となった。ありがたいことです。

 

ソロピッツァ ナポレターナ

店名 そろぴっつぁなぽりたーな
URL https://solopizza.jp/
住所 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目28?12 大名古屋ビルヂング 1F
TEL 052-581-3188
営業時間 11:00~23:30(L.O.23:15)
日曜営業
定休日 元日
席数 60席
禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場 なし
スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


カテゴリー
  最近の投稿
タグ
とりあえず1クリック♪
スポンサーリンク