スポンサーリンク
ラーメン・まぜそば

名古屋駅西口から徒歩3分、名駅裏の最強の油そば専門店 春日亭 でしょうゆ油そばを食べてみた。

目安時間 8分

即位礼正殿の儀による祝日が終わり、しがない中年サラリーマンは、今日も朝からスマホを忘れ、休みボケでダメっぷりを発揮しているが、腹は一人前にはすくから不思議なものだ。

 

ただ、そうは言っても量がたくさん食べられないのと、財布にも優しいものを見つけようとすると、どうも、代わり映えのないメニューばかりになってしまう。困ったものだ。

 

最近食べたものを見てみても麺類ばかりで、体のことを考えると…。まぁ、定点観測って大事なんだと痛感する。仕事もこれくらいコマ目に観測して頑張らないとね。

 

それでも、食べたくないものを無理して食べたくないしなぁー。どうするかと悩みながら名古屋駅西口の裏通りをフラついていたら「最強油そば」ってのを見つた。

 

また麺かよ!

 

と、自らツッコミながらも「最強!」という表現に惹かれて、何が、どれほど「最強!」なのか食べてみることにした。

 

 

 

 

正直、最近は、年のせいもあり、この油っぽい系は、ちょっと苦手なのだが、量が150gと丁度よかったのと、何より1杯600円台のお値打価格に負けた。

 

場所は、名古屋駅西口と言っても一本裏通りになり、駅裏の裏側の商店街で、間口の狭いお店だから若干見つけにくい。ただ、ビックカメラの裏付近でゴチャゴチャしている商店街だが、店舗が目立つのと、それほど広い商店街ではないので簡単に見つけられるだろう。

 

それと、このあたりのラーメン屋は、小さな店が多いから、当然、ドンピシャのランチタイムではなかなか入ることは厳しと思う。今日は、13時30分を過ぎた頃合いで、店内を眺めてみるとカウンターに空席があったから入ることにした。

 

スポンサーリンク

名古屋駅最強のしょうゆ油そばは、北海道産小麦100%使用のモチモチ中太麺と厳選ブレンド醤油がネギと絡み合い絶妙なバランスのおいしさ。

 

お店に入ると、1Fはカウンター席のみでカウンター越しにスタッフから「食券購入してから座席へ」と案内された。カウンター席は7~8席しかないが、一人でも入りやすいのは、ありがたい。

 

 

 

ただ、食券機で事前チケット購入なので、どんな種類があるのかメニューをよく知らないとわからない。

 

戸惑いながら、とりあえず、一番スタンダードそうな「しょうゆ油そば」を注文することにした。それにしても、店内の壁一面に書かれている落書き?サイン?が印象的だった。来店したお客さんが自由にいろいろと書き込んで思い出を残して言っているようだ。

 

ちなみに、メニューは、外の看板でも確認できるのだが、こんな感じだ。

 

 

食後、改めて、見てみると

 

・人気NO.1: 鳥豚油そば 680円
・定番: しょうゆ油そば 620円
・おススメ: 炙り鳥豚油そば 860円

・激ウマ: 炙りしょうゆ油そば 800円

 

となっており、

 

折角なので人気NO.1の鳥豚油そばにしておくべきだっと少々後悔した。まぁ、こういった後悔は、うまけりゃ次回への楽しみにもなるので全く問題ないんだけどね…。ただ、はずれるとね…。

 

ちなみに、当初、店は超絶狭いのでカウンター席のみのお店かと思ったら、なんと2階にも座席が用意されているようで、カウンター席が満席になると2階の座席を案内するようだ。これなら数人のグループできても問題なさそう。

 

スポンサーリンク

名駅西口の汁なしそば「しょうゆ油そば」は、お酢と唐辛子で2度おいしさを楽しめる。ランチタイムは食後の締めのアイスキャンディーでお口さっぱり爽やかに。

 

 

座席に座って食券を渡し待つこと10分位、思ったより一瞬待ち時間があるように感じた。

 

こちらが春日亭の最強「しょうゆ油そば」。思った以上にシンプル。

 

 

 

 

(※このネギがサッパリさと旨さを引き立てることになる。)

 

中太ちぢれ麺とネギが印象的だ。で、早速、春日亭の食べ方指南通り素早く混ぜてそのまま食べてみると、不思議なことに、思ったよりも油っぽさを感じない。

 

油そばとあったので、てっきり油ギトギトか、ラー油っぽいしつこい油っぽさを想像していたのだが、しょうゆ油そばに関しては、ネギのさっぱりさも影響しているのか思ったよりも食べやすく、ズルズルっと一気に食べることができた。

 

(食べ方指南通り、とにかく素早く混ぜてそのまま食べる。厳選醤油と油とネギの旨さがあわさり絶妙なバランスに。)

 

(※チャーシューも思った以上に柔らかく醤油ダレとの相性抜群だった。)

 

これで、汁なしそばは、普通のラーメンと比べるとカロリーも低く塩分も控えめだというのだから人気があるのも頷ける。

 

半分ほど食べたあたりで、食べ方指南その2の「お酢」をかけ、「ラー油」はちょっとキツイと思ったので、代わりに壺に入っていた唐辛子を入れて、一気にズルズルっと吸い上げ、お酢のさっぱりさと唐辛子のピリ辛さをシッカリと味わい楽しんでみた。

 

 

 

 

 

油そばっていうので、どれだけ油っぽいのかと心配していたが、食べてみるとそんな心配は全く無用で、厳選醤油とネギとチャーシューが絶妙なバランスでおいしくいただけた。

 

これで汁のある普通のラーメンより低カロリーっていうのだからカロリーが気になる人にも一度おススメしたいものだ。

 

次回は、一番人気の炙り鳥豚油そば(とりとんあぶらそば)にぜひ挑戦したいと思う。

 

(※ランチタイムは、ライスもしくは、アイスキャンディーのどちらか選択できる。)

 

油そば専門店 春日亭 名古屋駅西店

 

■あぶらそばせんもんてん かすがてい なごやえきにしてん

 

■URL:http://www.kasugatei.com/

 

■住所:〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町7-18

 

 

■電話:052-452-0770

 

■営業時間

[月~土] 11:00~23:00
[日・祝] 11:00~22:00

[定休日] なし(年末年始のみ休み)

 

■席数:23席

【1階】カウンタ?8席

【2階】カウンター5席、テーブル3卓(10席)

 

■駐車場:なし

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


カテゴリー
  最近の投稿
タグ
とりあえず1クリック♪
スポンサーリンク