スポンサーリンク
ラーメン・まぜそば

名駅西口、JR名古屋驛麺通りに津軽煮干しラーメン長尾中華そばが東海地区初登場!

目安時間 6分

さて、本日は、待ちに待ったこの日。

 

 

津軽煮干しラーメンの長尾中華そばがJR名古屋驛麺通りで、本日開店とのことで、早速、食べに行ってきた。

 

長尾中華そばはラーメンwalkerグランプリ青森部門で4年連続1位という偉業を達成した名店だけに、期待値はMAX。

 

お店の場所は、同グランプリ福岡3年連続1位の博多魚介とんこつ海鳴さんと入れ替わりで同じ場所にある。

 

海鳴さんの進化系魚介とんこつラーメンは最高にうまかったからね。

 

ホンマ、何でなくすねん!

 

 

でも、まぁ、長尾中華そばは、そんな気持ちをスッカリ忘れさせてくれるだろうと開店を楽しみに待っていた。

 

で、いざ、驛麺通りへとラーメン好きの同僚と向かったのだが、本日開店ということからなのか、時間も14時過ぎたあたりで訪問したのだが、一旦、満席で待ちとなった。

 

さすが、OPEN日だ。

 

スポンサーリンク

長尾中華そばの新たな看板メニュー こく煮干し と、サイドメニューの豚バラチャーシュー 上北丼(かみきたどん)に食欲をそそられる。

 

お店の外の待ち列で5~6分ほど待っている間に待ち列で注文を確定させて、ようやくテーブル席へ案内された。

 

(※この竹のお箸もエクセレント!)

 

店内は以前の海鳴さんと同じ。もしかしたら一部アルバイトスタッフも同じだったかも…。環境はほぼ同じなのに中身が違う。ある意味比較されるのは織り込み済みってことか…。

 

いや、比較上等っていうことなんだろう。

 

それだけ自信があるんだろうな。今回の長尾中華そばに。驛麺通りのプロデューサーもお客さんを飽きさせないようにいろいろ苦労してるんだろうね。

 

そんなどーでも良いことを考えながら、座席に座って、改めてメニューを確認。

 

 

 

 

<新・津軽ラーメン>

・こく煮干し 880円
・こく煮干し塩味 880円

 

<こだわりの一杯>

・あっさり 750円
・あっこく麺 820円

 

<サイドメニュー>

・上北丼 350円

・ねぶた炙り丼 300円

 

豚バラチャーシューなのか?上北丼(かみきたどん)が超絶気になるわぁ。次回は絶対に食べたい。

 

スポンサーリンク

これぞあっさり、津軽煮干しの雄!長尾中華そばの透きとおったスープは絶品で気が付けば全部飲み干してた!

 

煮干しの香りに食欲をそそられる中待つこと、5~6分。

 

待ちに待った長尾中華そばとご対面。

 

 

(※見よ!このスッキリと透きとおったスープを!)

 

 

水と煮干しだけでとったスッキリと透き通ったスープにネギ、メンマ、チャーシュー。そして、ちぢれ細麺。

 

これが、長尾中華そば。

 

もぉ、一目惚れしたね。

 

昔ながらの懐かしい中華そば。最近のアレコレと忙しい味でなくシンプルでスッキリとした味。

 

Simple is the best.

 

長尾中華そばは、まさに、この言葉を体現している。

 

ホント、感動した!

 

 

正直、スープを最後まで飲み干したのは、

 

これが初めて。

 

あっさり系の中華そばが好きならば絶対に食べてほしい逸品だ。

 

ちなみに、同僚が食べたのが、こちら。新・津軽ラーメン こく煮干し

 

 

津軽煮干し 長尾中華そば

 

■つがるにぼし ながおちゅうかそば

 

■URL:http://www.naga-chu.com/

 

■住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋駅構内 名古屋驛麺通り

 

 

■電話:052-588-5517(名古屋驛麺通り)

 

■営業時間:11:00~22:00(LO 21:30) / 休み:なし

 

■駐車場:なし

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


カテゴリー
  最近の投稿
タグ
とりあえず1クリック♪
スポンサーリンク