うどん・きしめん

地下鉄丸の内駅から徒歩5分、肉うどん さんすけ で噂の肉うどんを食べてみた

目安時間 7分
Pocket

やっと行ってきました。丸の内にある肉うどんさんすけさん。Twitterでよく見かけるものの普段の行動範囲から外れるためなかなか行けずにいたのだけれど、新型コロナウィルスの影響で時間に少し余裕ができたことから少し足を伸ばして訪問してきた。

 

 

お店は、地下鉄丸の内駅が一番近い駅になるが、丸の内駅は、鶴舞線なら1番出口から徒歩3分、桜通り線なら3番出口から徒歩5分と、オフィス街の便利な場所にある。この付近は、20年くらい前に働いていた会社の事務所があったので、懐かしい気持ちで店の周辺を見渡したが、以前に比べて随分飲食店が増えたような気がした。まぁ、20年も前の話だからね。そりゃ街も変わるわな。

 

 

お店の前に到着すると、お店には、新型コロナ対策としてご協力の張り紙がしてあり、どうやら座席を4席減らして少しでも隣との距離をとるようにしているとのこと。今、名駅もエスカ地下街含めて大変な状況であるが、そんな状況でも立派に店を開けて、できる努力をしている前向きな姿勢には好感が持てる。

 

 

加えて、超自信作のチャーシュー弁当も販売開始したようだ。お近くの方は、ぜひ、ご利用してみてください。

 

肉うどん さんすけの 肉うどんは、名古屋名物きしめんよりも幅広の平麺だった。

店内に入ると、注文は、新型コロナどこ吹く風と言わんばかりに、4席少ないとはいえ、満員御礼の状況で、暫く外で待つことになったので、券売機で、肉うどんのチケットを購入し外へ。(チケットといっても紙でなく、プラスチックの札になる。)

 

 

メニューは、肉うどんメインになるが、

 

 

・肉うどん 880円
・味玉肉うどん 980円
・濃厚肉うどん 1,080円
・濃厚肉うどん(少なめ) 1,080円(同額)
・特製濃厚肉うどん 1,400円

 

種類が少ないので実際には、人気NO.1の「肉うどん」もしくは、NO.2の「濃厚肉うどん」のいづれかを選ぶことになるのだが、この2つは大きく違うので、注文する際には、どちらを選択するか注意が必要。

 

 

5分ほど待って、店内へ入ると、座席はカウンターのみ。真ん中に厨房があり、それを囲むようにカウンター席があるタイプだ。このタイプのカウンター席なので、厨房を中心に180度どの席にも出来上がった肉うどんをチャッチャと出していける効率が良いスタイルになっている。

 

肉うどん さんすけ の 肉うどん と 濃厚肉うどんは 肉が多いだけでなく、全く別物だった。

今日のランチも同僚を誘っての訪問となったが、これが功を奏した。なぜなら、座席について出てきた肉うどんを見て、当初の思惑とは全く違うものを見ることになったからだ。

 

座席に座り、待つこと数分。まず出てきたのが、こちら、スタンダードの肉うどん。

 

 

初見、なんの変哲もない肉うどんだ。強いて言うならお肉が少し多めかなっと感じたくらいだったのだが…。これは考えが甘かっった。

 

まずは、うどん屋の繊細な香りをたのしむ。そして、壁に張り出してある肉うどんのお勧めの楽しみ方に従い、出汁の味見。出汁は、鯵(あじ)を中心に道南産昆布、沼津・熊本の鯖節に、枕崎産の鰹節のオリジナルブレンドということで、さすがは、うどん屋さん。出汁の出し方も上手く、クリアであっさりしながらも味に奥行きもあり、さんすけが拘った鯵(アジ)干しの旨味を堪能した。

 

 

そして、ココからが、一番のビックリ。お箸を入れてうどんを手繰り寄せたら出てきたのが、なんとも…。

 

 

うーん、こりゃスゴイ!

 

うどんじゃなくて、きしめん?ってくらいの平麺がでてきた。なんでもコシがあってモチモチを追求したらこのスタイルに行き着いたとのこと。どこまでも前向きな職人魂だな。

 

 

このぶっとい平麺と、お肉の塊を一緒に食べるとこれまた美味い。加えて、肉うどんだけにバラ肉のみかと思いきや、下から出てきたのが、極厚チャーシュー。これまた予想外の出現にビックリ。

 

 

 

トロトロの角煮系ではないが、シッカリしながらも豚の嫌な臭みもなく超好みのタイプに感動のご対面となった。

 

と、ふと隣の同僚を見てみると、濃厚肉うどんに松田優作並みのなんじゃコリャ!で、目が飛び出るくらい驚いたのもつかの間、気が付いたら、同僚の許可なく、レンゲをスープに突っ込んで味見していた…!

 

 

豚骨醤油ラーメンのスープやないか!

 

こうなたら、もはや止まらない。欲求から間髪入れずに麺を少しおすそ分けしてもらい、更に、腰を抜かすことに…。

 

 

これラーメンじゃん!いや、麺の色はお蕎麦…?

 

もはや、脳はパニック。うどんなのか、ラーメンなのか、はたまた、お蕎麦なのか…。肉うどんさんすけの濃厚肉うどんは、うどんを超越したラーメン。いや、ラーメンを超越したうどんで、「肉うどんさんすけ」という新カテゴリーなのだと思った。こいつは、近い将来、名古屋名物になる名古屋めし「肉うどんさんすけ」になるのかもしれない。地下鉄丸の内駅付近に行った際には、ぜひ、立ち寄ってほしいと思う。

 

肉うどん さんすけ

店名 肉うどん さんすけ
URL https://www.ciao-morita.co.jp/
住所 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目8-30
TEL 052-203-8181
営業時間 11:30~15:00、15:30~21:30(※日曜営業)
定休日 無休
席数 カウンター席
禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場 なし

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


Don`t copy text!